top of page

【高2】冬にやるべきこと①

最新の共通テストの過去問を解く

 これは同日模試でも大丈夫です。共通テストはほとんどの受験生が受けます。そのため、受験できるなら受けておいた方がいいです。 


「知っている」と「解いた」の違い

 このブログを読んでくれている生徒さんの中にも、共通テストという名前くらいは聞いたことがある人は多いと思います。ただ、共通テストの存在を知っているのと、解いたことがあるのとでは全く別物ということはわかりますよね。1年後の自分のリアルな目標を設定するために、解いて実感を持ってもらいたいです。 高2の冬は良い点数を取ることが目的ではない! このときは「〇点を取る!」と意気込んで受ける必要はありません。その代わり、痛い目を見てほしいんですね笑。どういうことかと言うと、本番の理不尽さを学んでほしいです。 「待ってくれ!」「まだ力がついていないから…」と思っていたとしても、本番は来てしまうんです!

 

高2の冬も高3の冬も同じ

 実は、やりたい勉強を全てやり終えて本番に臨む受験生はほとんどいないんですね。

本番までの残された時間の中で、優先順位を決めながら勉強をしていきます。受験直前の疑似体験をすることで、受験に対する覚悟が決まってきます。


明後日から、榎本塾では冬期集中特訓と題して、塾に缶詰めになって勉強します。家にいると、コタツでテレビの年末年始番組を見ながら、寝てしまう前に、きっちり勉強して良い正月を迎え、良いスタートを切れるようにしてほしいと思っています。

  宮崎市 英語専門塾 榎本塾 塾長 榎本 圧夫

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comments


bottom of page