top of page

ライバルと。

 榎本塾の生徒たちの中には、ライバルを見つけて友達紹介という形で入塾して、一緒に勉強する戦略家がいる。この戦略家は非常に良い意味で自分の受験を乗り切ろうとしている。塾で、おしゃべりをしたり、何かをして楽しむという意図ではない。苦しい時も一緒に受験を乗り切ってほしいという気持ちで、1人で戦いながら、休憩している。休憩するときぐらいだと思う。会話を楽しんでいるのは。ただ一時だけの楽しい時間だ。受験を通して楽しいと思えるのは点数が上がったり、模試の結果が良かったりというときだけだと私は思う。だから、今家で頑張れそうにない生徒たち。そのために、塾はあるのだと思うから、少し自分の将来への初期投資だと思って塾に勇気を持ってきてください。同じような意思を持った子供たちがいる。ライバルも見つかるかもしれない。

               宮崎市 英語専門塾榎本塾 塾長 榎本 圧夫  

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comentários


bottom of page