今の行動。

 小学生でも、高校生でも行動が変わり性格や考え方も変わる子がいる。それは良い意味でも、悪い意味でも。社会に出てからでも変わるが大体が高校生までで、自分の人生の歩み方は決まるのではないかと感じる。

 特に、高校生たちに伝えたいのは今あるべき自分が理想であっても、理想の自分に近づくように努力するべきだということ。日本では、「仕事」という現実社会に、いきなり放り投げられる。インターンシップなどの制度が普及し、だんだんと慣れていくような仕組みは構築されつつあるが、それでも、やはりきつい。だから、今の理想があるのなら、きつくても大変でも限界地点で戦い続けて欲しい。きつくなったら、休めばいい。ただし、また這い上がっていこう。今の君の行動は必ず未来の自分につながるのだから。何度でも、何度でも這い上がれ。