共通テストまで

 ゴールまでの道のりが見えてくる。ゴールまで突き進める実行力が必要なこの時期。高校生に対しては自分の力で考え、行動し、常に結果を向き合って追求しなければならないと思ってやらなければならない。親以外に勉強しなさいと言う人間はいない。なぜ、勉強する必要があるのか、大学に行く必要があるのか、そのことについてもしっかりと考えてほしいのだが、何せ時間がない。この時期、そこを考えるよりもまずこれから、どれだけ自分は「努力」というものができるのか、その限界までやってみる良い時期ではないかなと思っています。シンプルに、辛いことでもうまく対処できる方法を身につける、創意工夫をして勉強を楽しむなど、意義を考えなくても良いこともあるのではないかと考えます。今、一生懸命自分はやっているのか?それが、長い人生の中で生きる上で大切な部分に繋がっていかないですか?