共通テストまであと4か月

 高校3年生は共通テストまであと4か月を切りました。これから、模試の結果を気にしたり、周りの推薦入試の結果を聞いて不安になったりする時期です。昨日も、模試の結果を確認したら、今日かによっては緊張したり、時間以内に解けなかったり悩んでいるようでした。しかし、どの生徒にも共通したアドバイスがあります。「模試で緊張しているのは、良い結果を真剣に出したいという表れだと思う。本番で同じようなことが起こらないように次の模試で練習すればよい。切り替え、切り替え。」という内容です。部活動と同じで、毎日の練習は基礎・応用の鍛錬、それが定着できているかの確認が練習試合、そして1年に1回の本番は公式試合。これは、受験にも当てはまります。毎日の練習や練習試合でいかに公式の試合を想定してやれるか、そしてそこで得たものは何なのかが非常に重要になってきます。これまでやってきたことを信じ、これからもっと机に向かう時間を作りながら、本番に向けて取り組んでほしいと思います。そして、本番まであと100日になった時に、自分は何をすべきかをもう1度考えてください。

                       宮崎市 榎本塾 塾長 榎本 圧夫