top of page

勉強の計画を作成する

前回の続きです。高1・高2生向けの内容です。前回は早期の受験準備をという内容でお話ししました。今回は、大学受験の志望校合格を勝ち取るために学習計画は必要という観点かお話しします。

 志望大学を決めて、その志望大学に合格するために、最短で効率よく勉強するには計画性が計画性、榎本塾では受験準備とお伝えしています。これは、社会に出ても必要な能力になります。自分の第一志望校に合格するためには、各科目がどれくらいの偏差値に到達しなくてはならないのか?さらには、今の自分とその偏差値にはどれくらいの開きがあるのか?

その目標偏差値との開きを効率よく埋めるためにはどんな勉強を何時間勉強すれば良いのか?逆算していくことで、最短で効率よく受験勉強ができるのです。また、学習計画を作ることは、目的が明確になってモチベーションがアップする効果もあります。上記の理由から、合格への一番の近道は、「勉強できる日数」と「やるべきこと」をすべて書き出して勉強の全体像を俯瞰すること。つまり、大学受験に合格するためには学習計画を立てることなのです。

 榎本塾では、来年度は2025年2月1日より、新年度がスタートします。現在、英語が苦手な生徒もレベル別にクラス分けしていますので、自分がつまづいているところからスタートできます。ちょうど、この時期ごろから高校2年生は共通テストも実施されるので、受験を実施します。榎本塾では1人1人の志望大学に合わせて「ノルマ」を設定し、さぼらないように管理しています。

 新年度新高1~3年生募集中 宮崎市英語専門塾 榎本塾 塾長 榎本 圧夫

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comments


bottom of page