top of page

宮崎国際大学 国際教養学部比較文化学科合格 宮崎南

 この記事を書いている間も、勉強している彼女は勉強する習慣をいち早く身に着け、頑張ってきました。最初は、英語が苦手というところからスタートして、また勉強する習慣が身についていない状態でスタートしましたが、今は毎日英語と格闘している姿が印象的です。日曜日も朝8:30頃には来ていて、私が塾を開けるより早く来ることもしばしば。大事なのは勉強し続けること。私もそうですが、勉強し続けること、学び続けることが大切なのです。スマホやほかの娯楽に身を投じるのもわるくはありませんが、そこまで必要ないものだと私は感じます。勉強の中にも楽しさや充実感というものは存在します。彼女の周りには今国公立大学に向けて頑張っている同志がいます。何よりも頑張り屋さんの彼女ですから、これから国公立大学の2次試験を突破することを願っています。大事なのは、辛い時、きつい時、肉体的にも精神的にも疲労困憊の時にいかに人を思いやり、自分のすべきことを素直に受け入れ実行できるか、これが人間力だと私は定義しています。彼女にはその人間力があります。人を大切にすることは、勉強よりも何よりも大切です。人は一人では生きていけないからです。特に、日本のような社会では。志望大学に合格しても、その彼女の良さは続くでしょう。受験の最後まで、私も付き合うから、頑張れ。

                   宮崎市 英語専門塾 榎本塾 塾長 榎本 圧夫   

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Opmerkingen


bottom of page