社会人としての第一歩

 ここ、榎本塾で働かせていただくことになって、はや2ヶ月。慣れない仕事にアタフタしている毎日、、、。しかし、浪人時代ともに机を並べて勉学に励んだ戦友が先輩として、また、その当時英語の師として1年間みっちりしごいてくださった先生と、現在小学部担当としてお世話になっている先生が、上司として不慣れな私の手助けをしてくださっている。そのおかげで、今の職場環境にも徐々に慣れてきた。

 現在、小、中、高校生の担当として授業を受け持っているが、生徒たちみんな真剣なまなざしで授業を聞いている。とてもいい雰囲気だ。みんなの学習に対する本気度が見えるようで正直自分も負けていられないと思える。そのような環境で励んでいる生徒たちみんなが第一志望校に受かってほしいと思わずにはいられない。そのためには生徒たちの努力はもちろんだが、私自身が生徒たちの学習面でも精神面でも力になれるような人間にならなければならない。

 かつて、第一志望校への進学を熱望して日々勉学に励んでいた私が、今度は背中を押す番になった。うかうかしてはいられない。一社員として、そして塾の講師として、どちらの立場でもしっかり周りをサポートできるような人間になれるよう、日々精進していかなければ。そう決心した2ヶ月だった。鍛錬千日、勝負一瞬。一緒にゴールまで全力疾走しよう。   


宮崎市 英語専門塾 榎本塾 本田瑛樹