top of page

練習のための練習をするな。

おおく 昔、野球部の監督に、「練習のための練習をするな」とよく何回もアドバイスを受けていました。どういう意味か最初はわかなかったのですが、本番の1発勝負の本番の大会で最高のパフォーマンスをするためには、練習の段階で本番を想定した練習をしなさいだということが分かりました。何事もそうですが、訓練をしないとうまくなりません。勉強も同様です。テストのテスト勉強をしてはいつまでたっても「実力はついてこない」のです。もうこれは理解しているし覚えているという単元や知識が多くあればあるほど楽に解ける問題が増えてきますよね。そういった勉強をするべきです。定期テストと実力テストが全く別次元の勉強になってはいけないのです。これからのテスト勉強は実力になる勉強にしていきましょう。

               宮崎市 英語専門塾 榎本塾 塾長 榎本 圧夫  

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comments


bottom of page