高校2年生から本格的に受験を始める理由。

 現在、高校2年生の募集をしております。理由は前回に引き続きご説明します。

大学受験は知識量が多く、直前で吸収しようと思っても不可能だとお伝えしたかと思います。 

 今日は違う視点から9月から本格的に受験を始めないといけない理由を説明します。共通テストまであと1年という言葉を聞いて、あと1年あるから。と思ってはいけません。定期テストや対外テスト、体育祭や文化祭等のイベントの準備から終わるまでという期間を考慮すると1年もないんです。定期テストや対外テストはあくまでも基礎を固める勉強であり、自分の受験勉強とは全く違う勉強だと考えてください。そうすると大体上記の期間は受験勉強の時間が極端に減ります。大体3ヶ月分ぐらい取られると思ってください。よって、実際に受験勉強ができるのは1年のうち9カ月間ということになるのです。ですから、知識量や受験勉強の減る期間を考慮すると、高校2年生のうちから勉強しなければ間に合わないと考えてください。それを見越したうえで、超進学校と呼ばれる高校は、高校2年の段階でほとんどの科目の内容を終え、定期テストは負担がかからないようにし、文化祭や体育祭も6月末までで終えるように計画し、受験まっしぐらのカリキュラムを作っているのです。宮崎県の場合、全教科の履修過程が終わるのは3年の11月末頃、体育祭や文化祭などのイベントは9月実施。これで、全国の受験生に勝てるでしょうか。ですから、高校2年生から、それも9月から本格的に、真剣に、受験勉強を始めるべきだという結論に至るのです。

 

 榎本塾では、8月、9月に高校2年生のみのキャンペーンとして、入塾した際には入塾金20,000円を免除にします。どうぞご検討ください。

                    宮崎市 榎本塾 塾長 榎本 圧夫