top of page

高校2年生で受験勉強を始める理由 来年度 高等部 新規生募集

 実は、大学受験に向けての受験勉強はいつはじめても良いのです。できることならば、一日でも早くはじめたほうが良いに決まっています。しかし、頭でわかっていても受験勉強を始めるのはとても大変なことです。大学受験は高校受験と違って、複雑で難易度も上がりますので、余裕を持って取り組むことが大切です。高校2年生から受験勉強を始めると、余裕を持って取り組めるため、今すぐに受験勉強を始めることをおすすめします。

 受験勉強を始める時期は?

受験勉強を始める時期で多いのが、高校2年生の冬休みと言われています。受験までちょうど1年前ということで、キリが良いのも要因です。また、高校でも進路調査などがあったりして、進路について意識される時期でもあるからです。しかし、先程も説明したように、他の受験生と横並びでは、受験を優位に進められません。勉強時間から考えてみる

 実は、受験まで意外に時間がないって知ってました?

 その理由について、勉強時間の面から説明いたします。ちなみに大学合格に必要な勉強時間って考えたことありますか?大学によって勉強時間は大きく異なりますが、難関の国公立大学で約3,500時間、超難関の私立大学では、3,000時間が必要とされています。この勉強時間を受験までの残り日数で割ると1日に必要な勉強時間がわかります。例えば、難関の国立大学の受験勉強を高校2年生の夏休みから始めた場合は、1日約7時間弱の勉強時間が必要となります。高校2年生の冬、ちょうど1年前からはじめた場合は、1日に必要な勉強時間は、約10時間となります。1日の勉強時間だけを比べても、大変なのがわかりますよね?受験勉強を早く始めれば始めるほど、1日の勉強量が少なくなって、受験勉強が効率的にできるのです。以上の理由から、高校2年生から受験勉強を始めると、無理なく負担も少なくできることがわかりますよね? 

とにかく、1日でも早く受験勉強を始めることをおすすめいたします。

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comments


bottom of page