top of page

3月より新クラススタート!


今度は新しい学年に入れ替わりです。

 最近、感じることがあります。英語を指導することを職としていますが、共通テスト本当に難しくなったなと。ただ、現在の小学5年生や6年生が大学受験をする頃にはもっと難しくなっていることでしょう。

 ただし、共通テストの英語の問題の性質と国公立大学や私立大学のそれの性質はまったくもって違います。スピードと処理能力が問われるのが共通テスト。それに対して国公立大学私立大学のそれは思考力や読解力、英作文、またはリスニング力などの深い知識が要求されます。

 どちらにしても、最初に知識が備わっていなければ英文を和訳できません。その覚える過程は非常に時間がかかります。ですから、始める時期が遅いと志望大学への合格がどんどん難しくなります。

 ですから、英語が苦手、理系だけど英語を伸ばしたい、私立文系の大学を目指したい生徒や保護者の方は早めの入塾をご検討ください。

                         宮崎市 榎本塾 塾長 榎本圧夫   

最新記事

すべて表示

まず単語を覚える。

塾業界で繁忙期と呼ばれる時期にはブログは書けません。ですので、今この時期にできるだけ英語や大学受験に関する内容を伝えたいと思います。 英語が苦手な人は最初から文法に手を出してはダメです。まずは努力だけで何とななる単語を覚えるということをやってみてください。ただし、次のことは守ってください。榎本塾の生徒にも伝えています。 ① 毎日やること。毎日漢字や平仮名、片仮名に触れているように英語に触れること。

Comments


bottom of page